2020年08月14日

Summer School 2020 August 14th

Day 5 of the summer school!
Have you ever tried to keep a newspaper sheet up, without using your hands?
How many triangles can you make with 21 popsicle sticks?

Although we have a wealth of lessons and projects planned, we also prepare short activities that will raise energy, or allow for a quieter moment between games. The gym equipment has been useful for obstacle courses and a little relaxation. The children tried their hands at sudoku also. This was simplified by using colours instead of numbers.

サマースクール5日目です!
手を使わずに新聞紙を持ち上げたことがあるでしょうか?
21本のポプシクルスティック(アイスの棒状の材料)で三角形はいくつ作れるでしょうか?
本日のチャレンジの一部です。

豊富な授業内容を計画しておりましたが、短いアクティブティで気分を盛り上げたり、ゲームとゲームの間には少し落ち着く時間を設けたりもしています。
障害物コースを作るのに便利なジム(体育館)の用具はちょっとしたリラックスタイムにもとても役に立ちます。
また子ども達は数字の代わりに色を使った簡略版の数独にも挑戦しました。



Today all the children were decorating their peg boards. We then used our tiles and meeples (game tokens) to create a board game/calendar.
The result were varied, but there was a good level of concentration and some rather messy hands by the end of it.
本日、子ども達は有孔ボードにデコレーションを施し、タイルやミープル(ゲームの駒)を使ってボードゲームやカレンダーを作成しました。
出来上がりは多種多様でしたが、集中して作業をした結果、手が汚れてしまうのはご愛嬌ですね。



We introduced two new board games designed especially for summer school. ’Twenty One’ is a race to collect 21 cubes of various colours. ‘Bridge Rescue’ is a race to build bridges to evacuate an island before a volcano erupts. Today, the children prepared their materials and played, using the basic rules. Tomorrow, it is their turn to build on this and create their own rules and expand on the game.
サマースクールのために作った2つの新しいボードゲームを紹介します。
「トゥエンティワン」はカラフルな21個のキューブを集めるゲームです。
「ブリッジレスキュー」は火山噴火前に橋を作り、島から脱出するゲームです。
本日、子ども達には自分たちで教材を作り、基本的なルールで遊んでもらいました。
明日は、これを基に独自のルールを作り、ゲームをより発展させていきます。



Water play has been a very popular part of the week and, sadly, today was our last day for this. It has kept us cool and been a big part of building the positive relationships between the children, and also the teachers.
水遊びはこの数日間、特に人気のアクティビティでしたが、残念ながら今日が最後の日となってしまいました。
暑さ対策としてのみならず、水遊びを通して先生たちが子ども達と仲もぐっと近付きましたね!



The children really enjoyed water balloon piñata. There was no candy, but a rather refreshing reward when the swing was right.
子ども達は水風船のくす玉(ピニャータ)割りに大喜びでした!お菓子が出てくる訳ではありませんが、正しくバッドを振れば、爽やかさがもたらされます。



Written by Owen and Nick  


Posted by Earth at 18:20サマースクール

2020年08月13日

Summer School 2020 August 13th

As our younger children used matchbox cars and ramps in a game to review transportation and street vocabulary, our older children were sneaking up on a blind watchman to retrieve words they had learnt. These simple activities bring energy and fun to learning and reviewing the language.
Over the course of the week, we have seen children of all ages drawn to the Kapla blocks. These wooden pieces have been used to construct tall towers, bridges and marble runs, as well as helping us to learn about counterweights and balance.

小さい子たちのクラスではミニカーとスロープを使って、交通手段や道路に関するボキャブラリーのおさらいをし、大きい子たちのクラスでは目隠しをした監視役から学んだ単語を取り返すアクティビティをしました。
この様なシンプルなアクティビティが楽しく元気に言語を学んだり、おさらいをするのに大いに役立つのです。
またこの一週間を通して、全年齢の子ども達の多くがKAPLAブロックの魅力の虜になっている姿を見てきました。
木片を使って高い塔や橋、ビー玉を転がすための道など様々なものを作るだけではなく、重さのつり合いやバランスを理解出来る様になっていきます。



We used popsicle sticks to create stars and squares. These were held together by each piece pressing on the others, so no glue or tape was required.
There were lots of shrieks and laughter during water play, so we are looking forward to another day of this tomorrow.
Today, the children decorated their peg boards and some also wanted to paint on the paper they made on Tuesday. Having already made marble runs with the pegboards, next we will be using them to make a vertical board games.

ポプシクル・スティック(アイスの棒状の工作材)を使って、星や四角の形を作ります。
上手く組み合わせることで糊やテープを使わずに固定することが出来ました。
水遊びの時間には、たくさんの歓声と笑い声が溢れていました。また明日が、待ちきれないですね!
また本日は有効ボードを飾り付けたり、火曜日に作った紙に色を塗ったりもしました。
有効ボードでは、既にビー玉転がし台を作りましたが、今度は垂直ボードゲームを作る予定です。



We already made paper, but today it was time to add inclusions. These were splashes of colour paper, glitter, feathers… anything that could merge nicely with the pulp. The children were very focused and worked well together to create very unique sheets. They will be dry and ready to take home on Saturday.
紙作りは既に行っていましたが、今日はそこに含有物を加えていきます。
散らした色紙、ラメや羽などパルプとうまく混ざるものでしたら何でも構いません。
子ども達は集中力も高く、協力して、それぞれのユニークな紙を作っていました。
土曜日までには乾きますので、お家に持ち帰る予定です。



Having already explored strong structures and how materials can support each other, we set the challenge to build a paper bridge that could span at least 1 metre. Teams of children were given a budget of 1000 yen (we used a Montessori cube to represent this). Each material had a price and children took turns to visit our teachers to purchase these for their team. Change was given in hundred squares and ten bars. This restriction, meant that the children had to consider how to avoid waste and plan their design with care.
材料をうまく組み合わせることで強い構造になることについて学んできたので、最低1メートル以上の紙の橋作りにチャレンジすることになりました。
まず1グループ千円の予算が与えられました(モンテッソーリ・キューブをお金の代わりに使いました)。
それぞれの材料には値段が付いていて、チームごとに先生のところで必要なものを買い求めるのです。
(モンテッソーリキューブは1000個の立体から成っていて分解できるので)1つの正方形の板は100円分、1本の棒は10円分としておつりを貰いました。
このルールにより、子ども達は無駄を省き、よく考えて橋のデザインを考える必要がありました。




The resulting bridges were very mixed, but we learnt a lot in the process. We look forward to trying this again in the coming days. Perhaps we will make the distant longer and the bridges will have to support the weight of a toy car. It was great to see the children working so well together.
出来上がった橋は様々でしたが、その過程で多くの事を学びました。また近日中に再チャレンジする予定です。
きっとより長く、おもちゃの車が通れるくらいの強さを持つものが出来上がることになるでしょう。
子ども達が協力して取り組む姿は本当に素晴らしいものでした。



Written by Owen and Nick  


Posted by Earth at 18:04サマースクール

2020年08月12日

Summer School 2020 August 12th

Wednesday meant a visit to the doctor for our older classes, while our younger class did the washing.
We made a game to review colours and clothing. The children span an arrow to choose an item of clothing and rolled a dice to select the colour.
The first team to place all their full set of clothes on the line, wins. Watch out for the wind and rain though!

3日目となる水曜日、まず小さい子たちのクラスが洗濯をしている間、大きい子たちのクラスはお医者さんを訪ねました。
あるクラスでは、色と衣服のおさらいをするためのゲームをしました。まず矢印を回して衣類の種類を選び、サイコロを転がして色を選びます。
最初に物干しに衣類一式を干せたチームの勝利です!おっと、雨と風には気を付けて!



Today was the first day of water play. While we may miss our pool time, with the hot weather, it was a lovely day to get soaked.
Even the teachers found it refreshing, though some were not planning on getting attacked with wet sponges.

本日は水遊びの1日目です。残念ながらプール遊びはできませんが、この炎天下はびしょ濡れになるには最高です。
先生たちにとっても涼しくて最高だったのですが、濡れたスポンジで攻撃されるなんてことはちょっと想定外でした。



The pegs we prepared on the first day of summer school were ready, so we started to create our own marble runs. We used the pegs and platforms to create the route and then strips of card-stock to make a smooth track. The children got quite creative with the challenge to make the marble take as long a time as possible to complete the run.

サマースクール初日に準備をした木栓で、いよいよビー玉転がし台を作り始めます。まず木栓と土台でルートを作り、細長い厚紙でよりスムーズに転がる様にします。
子ども達はより長い時間ビー玉が転がっていられる様、様々な工夫を凝らしていました。



Our paper is still trying, so today we used newspaper to make homemade paper clay. We used a sock to strain out the water, and then mixed in starch, glue, salt, baking soda and vinegar. The result was a slightly sticky, but malleable clay. The children got to make whatever they wanted. Once the clay dries in a day or two, we hope to paint our sculptures.

紙作りはまだ途中ですが、今日は新聞紙で手作りの粘土を作りました。水に浸けていた新聞紙を靴下を使って濾し取り、でんぷん、糊、塩、重曹、酢と混ぜます。
その結果、少しべたべたはしていますが、しっかりとした粘土が出来上がりました。子ども達はその粘土で何でも好きなものを作りました。
1~2日後に乾けば、色付けをする予定です。



Written by Owen and Nick  


Posted by Earth at 17:45サマースクール

2020年08月11日

Summer School 2020 August 11th

Day 2 of the summer school. We are using colourful Cambridge English resources to develop language and communication for all our children.
But, activities must be engaging and hands-on. Our older children made their own bingo cards using key vocabulary. Our younger children made a stepping stones games out of the picture cards. We also introduced meeples (small game counters, that the children will use in later projects).

サマースクール2日目。ケンブリッジ・イングリッシュのカラフルな教材を使い、言語とコミュニケーションの向上を図ります。
しかし学習は楽しく実用的でなければなりません。
大きい子たちのクラスでは、基本的な語彙を使い、自分たちでビンゴカードをつくりました。
小さい子たちのクラスでは、イラスト書かれたカードの上で飛び石ゲームを行いました。
また、このあとのプロジェクトでも使用するミープルという人型のコマも紹介しました。



Among the more active lessons, we are also setting mental challenges and mini-science experiments. Today, we practiced sequencing, and tried to make a pyramid out of table tennis balls. These were fixed together into two lines of four, and two sets of six. It was a lot trickier than it seems. Lets see if anyone can solve it by the end of the week. The children also discovered that weak objects, such as paper cups, can be very strong in the right combination.

たくさんのレッスンの一部として、メンタルチャレンジやミニ科学実験も行います。
本日は、ピンポン玉でピラミッドを作ることにチャレンジしました。
ピンポン玉4つが2列とピンポン玉6つが2セット、という組み合わせから成っているのですが、これが見た目以上に難しいのです。今週中に誰が出来るようになるのか見ものですね。
また紙コップの様にもろい物が、正しい組み合わせで強くなるということも学びました。



Tissue boxes and table tennis balls became a fun game as we raced to empty our box before our opposite team. We put our creeping skills to the test as we attempted to ’steal the bacon’ from a blindfolded guard. One of our gym gamers involved throwing and dodging. It will be nice to cool down with water play tomorrow.

様々な体を動かすアクティビティも行いました。
あるクラスでは、相手チームよりどちらが先にティッシュ箱のピンポン玉を空っぽにできるのか競争しました。
また目隠しをした番人から「ベーコンを盗め」というゲームでは、忍びのスキルを試しました。
そしてジムでドッジボールを行ったクラスもあります。
明日からの水遊びに備え、本日は少し落ち着いた活動となりました。



We used iPads to play a game that taught us about the process of recycling paper, from our bins at home to creating new paper.
Having soaked some shredded paper since yesterday, we were ready to try making some ourselves.
After blending, the pulp gave us a lovely tactile experience. Not everyone wanted to get their hands dirty at first, but this quickly changed after a little encouragement. The whole process was very simple. We used two picture frames and door mesh to make our mold and deckle, then used sponges to remove excess water. We will leave the paper for a day or so, in order to dry. Next time, we are looking forward to introducing colours and add other items to our paper.

家庭ゴミから新聞紙を作る過程をiPadを使ったゲームで学びました。
そして、昨日破って水に浸けておいた紙を使い、実際に自分たちで作りはじめます。
紙と水を混ぜた後のどろどろは触るととっても気持ちがいいのです。初めのうちは手が汚れるのを嫌がる子もいましたが、楽しそうな誘惑には勝てませんでした。
全行程派はとても簡単です。額縁2つと網で型を取り、スポンジで余分な水分を取り除きます。紙を乾かすために1日くらい置いておきます。
次回は色と飾りつけを行います。



Written by Owen and Nick  


Posted by Earth at 17:55サマースクール

2020年08月10日

Summer School 2020 August 10th

Welcome the the first day of the Global Village Summer School!
Our key aim this week is to have fun exploring, creating and learning through play, in an engaging English environment.
Today, we began to introduce topics and themes for the week, through circle time, body part bingo, brain-building activities (such as a simple origami puzzle) and some technology,

グローバルヴィレッジサマースクールの第1日目にようこそ!
この1週間は素晴らしい英語環境の中、遊びを通して、楽しみながら探索、創作、学習を行うことを目標にしています。
まずは、サークルタイムや体の部位を用いたビンゴ、頭の体操(簡単な折り紙パズルなど)やi-Padなどのテクノロジーを使用し、テーマやトピックスへの導入を行いました。



One of our projects is to explore marble runs. Whether through more active games (racing a marble through a pipe), or constructing tracks (using any materials we could find), the children learnt about key principles for their future designs.
プロジェクトの1つにビー玉転がしがあります。より活動的なゲーム(パイプ内でのビー玉競争)や(使えるものを何でも使って)道を作ったりし、子ども達は今後の計画に向けた基礎を学びました。



Today was also about preparation. The children each have dowel pegs, tiles and a peg board to use in a number of projects this week. Our first task was to create platforms using the pegs and tiles. We will wait a day or two for these to dry.
今日は準備の1日でもありました。それぞれが有効ボード、タイル、木栓を使い、今週のたくさんのプロジェクトへと備えます。最初のお題は木栓とタイルで土台を作る事でした。2~3日、乾くのを待ちます。



The children have a lot of energy, so we are happy to provide a wealth of games and resources to enjoy. In ’separation anxiety’ the children sorted colour cubes (some classes put their chopsticks skills to good use). We enjoyed gym games and outside play. We used fans to keep a strip of plastic ribbon in the air. It was harder than it seemed, so we also used the fans to cool down afterwards!
子ども達は元気いっぱいでしたので、より有意義な時間が過ごせる様、たくさんのゲームや資材を使ってもらいました。
「セパレーション・アングザエティ」というゲームではカラーキューブを仕分けました(あるクラスではお箸を上手に使いました)。
ジムでのゲームや外遊びも楽しみました。
また団扇を使い、プラスチックのリボンテープを長く浮かせられるかを試しました。見た目以上に大変でしたので、その後は同じ団扇を使って、しばらく涼むことになりました。



Where do old newspapers go?
Another theme of the week is recycling. We hope to find fun, educational experiences, using everyday materials, that the children can continue with at home.
We are using a lot of newspapers. The sheets become islands to stand on, paths to follow, construction materials, etc. These are then ripped up and added to a tub full of water for another project. What will it all become? Let’s find out over the next few days.
古新聞はどこへ行くの?今週のもう1つのテーマはリサイクルです。日常の物を使い、お家でも続けられるよう、楽しく学べる経験となれば、と考えています。
たくさんの新聞紙は、降り立つことのできる島や辿る事のできる道、建築資材等へと姿を変えます。そしてその後、次のプロジェクトのため、細かく破られ、水の入った桶に入れられます。
いったい何になるのでしょうか?!それは数日後までのお楽しみです。



Written by Owen and Nick
  


Posted by Earth at 17:53サマースクール